高級感のある部屋

最高の女子会場

照明がまわるホテルの部屋

信じられないことに、ラブホテルは女子会利用の場として浸透しつあります。今や多くの女性が女子会にラブホテルを利用しており、ラブホテルは女性のみでも普通に利用できるようになっています。

ラブホテルのビジネス利用

女性の抱き寄せる男性

ビジネスホテル代わりに利用するビジネスプランを推奨するラブホテルも増えており、出張のサラリーマンに喜ばれています。あまり料金は変わらないのに、過ごしやすさはビジネスホテルとは桁違いです。

プレイが燃える部屋

ホテルのベッドルーム

ラブホテルはセックスをする場所なので、プレイをもっと盛り上げてくれる進化も遂げています。特にアブノーマルな部屋に入れば、いつもと違ったプレイが楽しめます。彼女の新たな一面を見つけられるかもしれませんね。

女性も大好きラブホテル
ベッドメイクされたダブルベッド

値段も安く気軽に使えるレンタルルームが東京にあります。ラブホテルとまではいかないけど休憩したいという時にはとっても便利です。

東久留米のホテルをお探しならこちらがおすすめ!落ち着いた雰囲気と清潔感のある上質な空間が楽しめますよ!

ラブホテルが好きな男性は非常に多いでしょう。ラブホテルと言えばセックスをする場所です。セックスが嫌いな男性はいませんよね。セックス目的ではなかったとしても、ホテルでみるアダルトチャンネルなど、独特の空気感が好きな男性も多いです。
対して女性はどうでしょうか。女性は肉体的な関係よりも精神の充足を求めます。ラブホテルは身体の関係を強要されているようで、あまり好きになれない方も多いのではないでしょうか。デートの度にホテルに連れて行かれてうんざりしたことはありませんか?この男女間のギャップが喧嘩の原因になったりしますよね。
しかしこれは今までのラブホテル像です。最近のラブホテルは、女性客を集める取り組みを積極的に行っています。この取り組みによって女性でも楽しめるホテルが非常に増えて来ました。今や女性向けホテルとも言えるものが増加し、ラブホテルは男女の営みの場と言うよりはレジャー施設に近い感覚のものになりつつあります。

近年のラブホテルの劇的な変化は、今の経済情勢と深く結びついています。連日報道されるように、今は景気が良いとは言えません。ラブホテルの利用者も減少していき、最終的には倒産してしまいます。今やラブホテル業界は生存競争に必死なのです。
この生存競争を生き残るために、ホテルはさまざまな取り組みを行っています。その最たるものが女性優遇なのです。今回はこの場をお借りして、各ラブホテルの面白い取り組みを紹介していきます。これでラブホテルへの感心が高まり、最初に述べた男女間の悲しい行き違いが少しでもなくなれば幸いです。